So-net無料ブログ作成
解説!ふるさと納税 ブログトップ
[2015年09月19日]

解説!ふるさと納税とは? [解説!ふるさと納税]

■「ふるさと納税」とはどんな仕組み?
「ふるさと納税」は、自分の住む自治体ではなく、地方の税収が少ない自治体に、納税額を配分することを目的とすることで、始まりました。その仕組みは、これまであった仕組みを流用・拡張し、納税者が、自分が納税したい自治体に寄付をし、これに対して、おおよそ住民税納税額の2割を上限※として、住民税・所得税が控除・還付されるというものです。寄付する先は、どこでも、いくつでも選ぶことができます。[point]自分の故郷である必要はありません。また、その寄付の使い道も、指定することができます。
(※正確には、2,000円は控除外で、きちんとした計算方法があります。なお、昨年までは1割で、2015年より2割になっています。[平成27年度「ふるさと納税」税制改正])
ふるさと納税説明1
■「ふるさと納税」の何がお得?
多くの自治体では、納税者の寄付に対し、その土地の特産品をお礼の品として贈ってくれます。これが、「ふるさと納税」のお得な部分になります。自治体にとっては、地元特産品のPRや、地元産業への還元にもなっていて、お礼の品を設定する自治体が、増えています。
お礼の品は、寄付額に対して、いくらかにするかの割合を自治体ごと設定しており、平均すると寄付額に対して、4割程度の設定のようです。これが、5割以上であると、高い還元率と言えます。このブログでは、この5割以上の高還元率の特産品を実際に申し込み、ご紹介していきます。

ふるさと納税説明2
■さぁ、「ふるさと納税」を始めましょう!
大体の仕組みがわかったところで、さぁ「ふるさと納税」を始めてみましょう。
まずは、ご自身の寄付できる上限額を知る必要があります。
先に、おおよそ住民税納税額の2割と説明しましたが、具体的には、下の図のような、住民税、所得税の控除額になります。寄付額のうち、2,000円は、控除対象外になり、戻ってきません。
ただ、寄付をすると、クレジットカードや、楽天ポイントが溜まったりしますので、これらで、カバーできるかもしれません。

住民税控除

上限額の計算には、ふるさと納税の上限額を算出するツール でご紹介したツールを使うのをお勧めします。

上限額を算出し判明したら、特産品を探しましょう。応援ふるさと納税ポータルサイトの比較 で紹介しています「ふるさと納税」ポータルサイトが、特産品選びのお役に立ちます。ぜひご活用下さい。沢山あって、迷ってしますよ。

さぁ「ふるさと納税」初心者どうし、一緒に始めましょう!




ふるさと納税のブログのお探しはこちら

このブログも参加中。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
[2015年09月13日]

ふるさと納税を始めて、わかったこと [解説!ふるさと納税]

■ふるさと納税を始めてみてわかった、ポイントをいくつか挙げます。

①その年の初めに、欲しいメインのお礼の品を決める必要があります。
 お礼の品には、自転車や、パソコンなど大物があります。当然、寄付金額も高額です。
 こういった大物が欲しいかどうか、まず判断が必要です。
 また、忙しくて、確定申告やら、いろいろ面倒なことをしたくない場合、
 1年間毎月物産品が届く佐賀県玄海町の「Premium GENKAI」などを申し込むのも良いです。
 ただ、非常に人気が高く申し込みは、お早目に。 

②納税対象は、1月1日~12月31日の1年単位です。寄付金の集計で、年度でないことに注意。
  時期を間違え、限度額を超えてしまったということがないように。。。。

③ところが、自治体がお礼の品を更新したり、新たに募集を始めるのが、年度周期。
 自治体がお礼の品を更新したり、新たに募集を始めるのが、年度周期のところが多く、
 3月、4月、5月あたりの年度切換えでのお礼の品をこまめにチェックすることをお勧めします。
 人気の品は、この時、気に入ったら即、申し込みをしましょう。
 この時期、結構、やっとけばよかったと後悔することが多いです。

④野菜など生鮮品は、旅行など不在時に届いてしまうことがあるので、注意が必要。
 ・配送時期を必ずチェックしておきます。
 ・申し込みの際、到着日をある程度設定できる場合があります。曜日指定などができる場合は、
  これを利用し、旅行などの計画に被らないようにします。
 ・旅行のスケジュールにもし被ってしまいそうな場合、遠慮なく自治体のふるさと納税窓口に
  ご相談しましょう。早めに連絡を入れると結構、柔軟に配送日を調整してくれたりします。

⑤寄付金額とお礼の品の量の関係。案内
 同じ寄付額なら、量の多い方を選択するのは必然と思いますが、次のようなことも考慮し、お礼の品を選びましょう。
 例えば、1万円で、8Kgと10Kgがあれば、10Kgの方が当然いいですね。
 ところが、魚や、野菜といった生鮮品で、5千円で4Kgと、1万円で10Kgであれば?
 食べきれる量などを考慮すると、5千円で4Kgにプラス、別な5千円のお礼の品をもらう、選択肢もあるのです。





ふるさと納税のブログのお探しはこちら

このブログも参加中。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
解説!ふるさと納税 ブログトップ

ふるさと納税ブログ一覧
このブログも参加中。
にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。