So-net無料ブログ作成
検索選択
[2017年01月12日]

<NEWS>ふるさとチョイスアワード2016 [ふるさと納税 NEWS]



昨年11月28日に表参道のスパイラルホールで、『ふるさとチョイスアワード2016』が開催されました。
ちょっと遅くなりましたが、これに参加してましたので、その時のご報告をしたいと思います。

pic0505.jpgこのふるさとチョイスアワードは、全国各地の自治体がふるさと納税を活用して行う様々な取組み、寄附金の使い道、またそれによる地域の変化の中から、有識者および『ふるさとチョイス』スタッフが、ふるさと納税の本来の在り方を追求しながら、地域活性に確実につなげている素晴らしい事例を厳選し、表彰するものです。
2016年は初めて、有識者および寄附者参加型のリアルイベントとして開催されました。。。
自治体からの自薦形式を採用し、全国より60超の自治体からエントリーがあり、『ふるさとチョイス』スタッフによる一次選考の結果、7自治体がノミネートされ、この7自治体によるプレゼンテーションがあり、審査員および来場の寄附者による投票の結果、『ふるさとチョイスアワード2016』のグランプリが決定しました。。

どの自治体もホントにアイデアを出し合い、地域の活性化に、ふるさと納税を有効活用され、どこが大賞をとってもおかしくないほどでしたが、大賞は、『岩手県北上市』になりました。。。。
おめでとうございます。

pic0519.jpgふるさと納税は、納税者、自治体、地元企業、みんなが、アイデア次第で、強固に、Win-Winでつながる仕組みです。来年のふるさとチョイスアワードはより一層のエントリーがあるといいですね。

参加して頂いたものはこちらです。。ふるさとチョイスカタログは、以前プレゼントで頂いたので、2冊目になりましたが、ありがたいです。。。その他、ふるさとチョイスのステッカー、ボールペンなどノベリティと、自治体さんからの粗品を頂きました。。。ありがとうございます。。




pic1005.pngまた、審査結果集計の時間、会場では、川越達也シェフ プロデュースのふるさと納税の返礼品で作るカツサンドとカプレーゼがふるまわれました。素材はすべて、ファイナリストとなった自治体の特産品。茨城県境町からは、国内に約100頭しかいない幻の豚「梅山豚(めいしゃんとん)」。栃木県栃木市のカクテルトマト。長崎県平戸市の塩

pic0496.jpg
梅山豚は、中国太湖豚系の原種豚で、その味わいとさらりとした上質の脂肪分から、最高級の豚肉とされ、日中友好のシンボルとしてパンダの次に送られてきた由緒正しい豚とのこと。現在、日本で飼育されている梅山豚原種豚は、この塚原牧場と農林水産省を合わせて100頭前後だそうです。

確かに、食感も良く、上品な脂でした。。。


pic0002.jpg左は、会場で配られていたチラシですが、本当に貴重な食材のようです。。。
そんな、塚原牧場の梅山豚原種豚は、数量限定ですが、しゃぶしゃぶセット、ロールステーキセット、点心セット、肉饅頭セット、イタリアンセットなど、いろいろあります。ご検討してみては。。。

ふるさとチョイス茨城県境町:https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/08546


ふるさとチョイスのホームページにも、『ふるさとチョイスアワード2016』の様子がアップされています。どの自治体も、大変工夫を凝らした取り組みをされており、ふるさと納税を有効に活用されていることが、詳しく紹介されています。ぜひ、一度ご覧ください。。。今年2017はどんな、自治体が発表されることになるか、今から楽しみですね。。。

ふるさとチョイス AWARD2016:https://www.furusato-tax.jp/feature/award/2017/


ふるさと納税のブログのお探しはこちら

このブログも参加中。








ちょっと寄り道。。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。